GTP結合蛋白質 - 宇井理生

GTP結合蛋白質 宇井理生

Add: cajile77 - Date: 2020-11-22 12:55:41 - Views: 2571 - Clicks: 8199

Jp: GTP結合蛋白質―情報伝達を制御する分子スイッチ (最新医学からのアプローチ (11)): 理生, 宇井: 本. gtp結合蛋白質と情報伝達 星野 真一, 宇井 理生 医学書院 神経研究の進歩 33巻 6号 (1989年12月) pp. 6 著者名: 宇井, 理生(1933-) シリーズ名: 最新医学からのアプローチ ; 11 isbn:. GTP結合蛋白質 : 情報伝達を制御する分子スイッチ / 宇井理生編 Format: Book Published: 東京 : メジカルビュー社 東京 : グロビュー社 (発売), 1994. 特異的rna結合蛋白質hnrnp d0の分子認識機構とその生物工学的応用 / 梶田保子 資料種別: 学位論文 出版情報: 東京 : 東京工業大学, 1995 著者名: 梶田, 保子 書誌id:. γ-GTPは、肝臓、腎臓、すい臓、ひ臓、小腸などに含まれている解毒作用に関係している酵素で、アルコールに敏感に反応します。 このγ-GTPは肝臓や胆管の細胞が死んだときに血液中に流れ出すため、肝臓や胆管の細胞がどれくらい壊れたかを示す一つの指標.

gtp結合蛋白質 : 情報伝達を制御する分子スイッチ. 文献「gtp結合蛋白質とリボシル転移酵素 gtp結合蛋白質のプローブとしての細菌毒素」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 細胞性粘菌の外来異物応答因子結合蛋白質に関する生物学的研究 フォーマット: 図書 責任表示: 倉本展行著 言語: 日本語 出版情報: 金沢 : 倉本展行, 形態: 1冊 ; 30cm 著者名: 倉本, 展行 書誌ID: BA81777109. 動物細胞の原形質膜表面上には、ホルモンなどの細胞外アゴニストと結合する種々の受容体が存在し、アゴニストのもたらす情報を認識受容している。受容体にアゴニストが結合するとその情報の多くは、細胞膜の内側に向いて存在する膜結合性酵素やイオンチャネルなどの効果器系へと伝達さ. メジカルビュー社, グロビュー社 (発売) 1994. 所属 (現在):公益財団法人東京都医学総合研究所,その他部局等,その他, 研究分野:生物系薬学,薬理学一般,代謝生物化学,応用薬理学・医療系薬学,物質生物化学, キーワード:gtp結合蛋白質,百日咳毒素,情報伝達,細胞増殖,レセプター,カルシウムイオン,iap,百日咳毒素(iap),細胞膜受容体,3量体g蛋白. 宇井理生博士学士院賞, エールリッヒ賞受賞 日本薬学会学術賞受賞 宇井理生氏の業績 免疫 からだを護る不思議なしくみ, 矢田純一著, AB判, 150頁, 1,500円, 東京化学同人 宇井 理生(東大薬・教授)「情報伝達系におけるgtp結合蛋白質の役割」 北川 勲(阪大薬・教授)「天然薬物成分の化学的研究-伝承の解明と新しい天然薬物の開拓-」 福田 英臣(日大薬・教授)「運動系神経機構の中枢薬理学的研究」. 6 Description: vii, 207p ; 21cm Authors: 宇井, 理生(1933-) Series: 最新医学からのアプローチ ; 11.

gtp結合蛋白質(g蛋白質) 百日咳毒素(iap) アデニレートシクラーゼ 細胞内ca^動員作用 低分子量gtp結合蛋白質 cdnaクローニング ホスホリパーゼc 細胞情報伝達系 ホスホリパ-ゼ a_2 βγサブユニット. 重点領域研究「情報転換因子としてのGTP結合蛋白質」の取りまとめとして次のように企画し、実行した。(1)研究成果報告書の編集、刊行3年間の研究期間中たとえ1年間でも在籍した班員、全員(第1班:計画14名、公募11名;第2班:計画11名、公募7名;班友2名)が研究成果をそれぞれ長文(10ポイント活字で. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):理化学研究所,名取特別研究室,研究員, 研究分野:生物系薬学, キーワード:チロシンキナーゼ,Cbl,心筋イオンチャンネル,ジヒドロピリジン,オピオイド受容体,エンケファリン,トランスメンブレンコントロール,抑制性GTP結合タンパク質(Gi),アフィニティHPLC. GTP結合蛋白質 - 宇井理生 GTP結合蛋白質 : 情報伝達を制御する分子スイッチ 資料種別: 図書 責任表示: 宇井理生編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : メジカルビュー社 東京 : グロビュー社 (発売), 1994. gtp結合蛋白質 : 情報伝達を制御する分子スイッチ 種類: 図書 責任表示: 宇井理生編 出版情報: 東京 : メジカルビュー社 東京 : グロビュー社 (発売), 1994.

文献「gtp結合蛋白質」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 【tsutaya オンラインショッピング】gtp結合蛋白質/宇井理生 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本・漫画. 東京都臨床医学総合研究所・所長(1995年度) 推定関連キーワード:gtp結合蛋白質(g蛋白質),百日咳毒素(iap),アデニレートシクラーゼ,細胞内ca^動員作用,低分子量gtp結合蛋白質 推定分野:基礎医学,薬学. チューブリン: gtp 結合型が重合して微小管を形成する。gdp に加水分解すると脱重合する。 7tm受容体からのシグナル伝達に関わるgタンパク質: gtp を結合した状態が活性型で下流にシグナルを伝達する。. 2; GTP結合蛋白質; 宇井理生,上代淑人/監 高井義美,堅田利明,成宮 周/編; 定価 6,117円+税, 1996年01月発行.

宇井理生氏による科学者の能力と自己評価 少し前のものであるが、宇井理生(うい みちお)氏・臨床研名誉所長のことばについて、研究所経営という観点で考るところ多く、これを紹介したい。. gtp結合蛋白質 - 情報伝達を制御する分子スイッチ - 宇井理生 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. GTP結合蛋白質 : 情報伝達を制御する分子スイッチ 宇井理生編 (最新医学からのアプローチ, 11) メジカルビュー社, グロビュー社 (発売), 1994. 14; GTP結合蛋白質と情報伝達; 宇井理生/監,高井義美,堅田利明/編; 定価(本体5,340円+税) 1990年9月25日発行. GTP結合蛋白質 : 情報伝達を制御する分子スイッチ / 宇井理生編 資料種別: 図書 出版情報: 東京 : メジカルビュー社 東京 : グロビュー社 (発売), 1994. 神経伝達物質やホルモンは細胞に適切な情報を伝える役割を果たしているが、宇井教授は、 この情報伝達に不可欠な介在因子gtp結合蛋白質(g蛋白質)を発見、同定、精製し、さらにg蛋白質を介する情報伝達の仕組みを明らかにした。. 6 Description: vii, 207p ; 21cm Series: 最新医学からのアプローチ ; 11 Authors: 宇井, 理生(1933-) ISBN:.

実験医学増刊 Vol. PDF(4289KB). 宇井理生: 東京大学薬学部教授: 細胞内情報伝達因子としての新しいgtp結合蛋白質の発見 1988 大村智: 北里研究所理事・副所長: 有用な微生物由来生物活性物質探索系の理論的構築並びに発見された種々の新規抗生物質に関する研究 1989 大野雅二: 東京大学薬学. gtp結 合蛋白質はgtpお よびgdpを 特異 的に結合する一群の蛋白質で,細 胞膜受容体との 共役因子としてトランスデューサー(伝達器)の 機能を有する蛋白質(現 在,一 般にg蛋 白質と称 されている)の ほか,蛋 白質生合成因子,癌 遺伝 図1 細胞膜受容体蛋白質の分類(2).

GTP結合蛋白質 : 情報伝達を制御する分子スイッチ Format: Book Responsibility: 宇井理生編 Language: Japanese Published: 東京 : メジカルビュー社 東京 : グロビュー社 (発売), 1994. 6 最新医学からのアプローチ 11. GTP結合蛋白質 : 情報伝達を制御する分子スイッチ フォーマット: 図書 責任表示: 宇井理生編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : メジカルビュー社 東京 : グロビュー社 (発売), 1994.

GTP結合蛋白質 - 宇井理生

email: ycehyqab@gmail.com - phone:(332) 508-9352 x 7028

デルトラ・クエスト3 最後の歌姫 - エミリー・ロッダ - そばにいるだけで 冴島ユカ子

-> 平和博物館・戦争資料館ガイドブック - 歴史教育者協議会
-> はじめての諏訪さん - 真沼靖佳

GTP結合蛋白質 - 宇井理生 - Back number


Sitemap 1

図でわかる!妹に教えたい世界のしくみ 境界線編 - 究極のセールス教本